ホシガメ一家の飼育ブログで仙台からライブカメラ配信

インドホシガメを繁殖中なので、産卵から孵化まで飼育の状況と共にブログに投稿します。ホシガメの価格や飼育設備などの情報もまとめてます。ライブカメラは毎日8:00~22:00くらいで配信中!

2017 06/18

パイオニアの101連装CDチェンジャーPD-F1005ですぜ!

本ブログにおきましては、『ホシガメの飼育ブログ』に『ライブカメラの動画配信』をコラボするというコンセプトでお送りしている訳ですが…。

脱線ネタなのは重々承知しつつ、また昭和レトロなAV機器を紹介させていただきます。


PIONEER パイオニア PD-F1005 101枚 CDチェンジャー でございます



パイオニアが1996年に発売した、101連装のCDチェンジャーですね。

20170617-170233-04.jpg 
後継機では、なんと301連装!ってスペックにまで登りつめてしまうのですが、筐体が金色になってしまいリモコンも普通になり、なによりパイオニアのロゴが現行ロゴになっちまう…のであります。
因みに後継機は、『もう1台接続し、602枚チェンジャーとして使用可能』って、CDの装填を想像するだけで気が遠くなりそうな事もできるようです。

やっぱり管理人ダイジ的には、黒光りしてリモコンも旧ロゴもカッコイイ~!旧モデルの方が好きですね。

ついCDチェンジャーと言ってしまいますが、カタログや説明書などでは『ファイルタイプCDプレーヤー』と表記されてます。

20170617-170233-05.jpg 

では本体前面の外観から


20170617-170233-01.jpg 

予備機としての2台持ちですが、基本配線はしつつも主には上段を使ってます。
音質にこだわるような機種じゃありませんし、そんな高尚な耳も持ち合わせておりませんので、メタルラックの上に段々直積みですw

20170617-170233-02.jpg 

写真では分かりにくいですが、デッキ中央の丸みのあるシールドはダーククリアーで中が透けて見え、内部機構のCD収納ルーレットに沿った形になってます。
この外観だけでも、現行機種にはない魅力に溢れています。

20170617-170233-03.jpg 
シールドをオープンにした状態です。
このルーレットトラックに100枚のCDを収納することができます。
「101連装なんじゃねーっけ?」と思うかもしれませんが、1枚分はシングルローダー機能に割り当てられてますので、ラックに未収納のCDを気軽に差し替えて再生するのに使うわけです。

複数枚のCDを収納して再生すると、昔のそのまた昔にあった『シングルレコードを自動交換&自動再生するジュークボックス』のように、順番にルーレットからCDを取り出したり戻したりの機構がシールド越しに見えます。
このギミックが昭和レトロ魂をくすぐるのですよ!たまりませんねw

スゲー!現代版のジュークボックス発売されてた!高いけど…w

話しを戻しまして…

特徴的な機能としては、ADLC(Automatic Digital Level Controller)ってのが搭載されてまして、音源によって差のある音量レベルを同じくらいに調整する機能ですね。

再生周りの機能は、各種のプログラム再生ができますので必要十分ですし、収納ディスクを確認するためのスキャン機能もあるので、聞きたい曲を探すのに困ることはありません。


一応バックショットも


20170617-170233-07.jpg

右上にチラッと写ってる黄色いプラグは、ビデオ出力によるGUI操作を機能させるための配線です。
AVアンプへは光ケーブルで出力してます。

20170617-170233-08.jpg 

本体裏の型番表記欄も、もちろん旧ロゴでございます!
現行ロゴのふにゃふにゃしたイメージとは、貫禄が違いますね~。


オンスクリーン・ディスクマネージメント機能って?


いわゆるGUIの事で、ビデオ出力することによりテレビモニター見ながら、リモコン経由で様々な操作を視覚的にできる機能です。

20170617-170234-07.jpg 
本体表示と以下のモニタ表示が対応してます。

20170617-170234-01.jpg 
分かりにくいかもしれませんが、再生中は画面中央下部のキャラクターが手漕ぎで大型のオルゴールを回してる?様な動作を続けます。
また、本体内でディスク交換機能が働くと、モニタのキャラクターはオルゴールのディスク交換をしてる?様な動作をします。
なんとも可愛げなアニメーションです。

20170617-170234-09.jpg 
この画面は再生を停止した状態のもの。
これまた昭和レトロなテレビモニターについては、ブラウン管のポータブルテレビがイイんだよをご覧ください。


今回の主役と言っても過言ではないリモコン


20170617-170234-05.jpg 
お約束の旧ロゴ礼賛!w
リモコン下部にも、センスのいいテレビCMをバンバン流してたあの頃の、憧れのロゴが燦然と輝いているのであります。

余談ですが、PIONEERの左のマークは”音のメーカーをシンボライズさせる意図で、音の基準を表す音叉の形に電気抵抗の略号であるΩを組み合わせてみた”ものだそうです。

20170617-170234-03.jpg 
頭が膨らんでて、毒蛇のコブラっぽいフォルムですね。

20170617-170234-04.jpg 
やはりGUI機能を搭載している事もあり、現代のテレビリモコンにも似た先進的なボタン配置になっております。

20170617-170234-02.jpg 
そして最後はサイドからの見た目です。
リモコン先端が下に湾曲した形になっており手に持った時に、掌でグリップして親指でボタン操作する際のフィット感がバツグンです。
もう、先っぽからナントカ光線が出てもおかしくないくらい、カッコイイ形なのであります!

スタートレック(TNG)のフェイザーにも似てるような気がしますw

上の画像で、ピカード艦長が右手に持ってるやつです。
(このフィギュアの値段が高すぎてビビリますた…)


以上、長々と駄文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
ヽ( ´_`)丿
関連記事

パイオニアの101連装CDチェンジャーPD-F1005ですぜ!

昭和家電AV機器パイオニア

(0)TB(-)

AFTER「ホシガメ一家の飼育環境を是正しつつライブカメラの整備も

BEFORE「ホシガメの甲羅が柔らかい?ソフトシェルってやつかな

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top